MENU

顔のたるみに効くサプリ!

 

顔のたるみの原因は?

 

ほほのたるみは、多くの要因によって引き起こされます。そのまず1つ目として、ほほの筋肉の衰えがあげられます。数多くの筋肉が顔には存在しています。

 

しかし、この筋肉は使われなければ使われないほど、やせ衰えていってしまいます。表情を作るのは表情筋ですが、顔の表情が乏しいと、これが使われない状態になってしまいます。結果、筋肉が衰え、ほほのたるみにつながっていきます。

 

次に2つ目として考えられるのは、老化です。人間は誰しも加齢と同時に体力が衰え、そのため筋肉もあまり使われなくなっていきます。

 

3つ目としては、老化があげられます。人体の老化によって、肌にもダメージが加わります。具体的には、肌から張りや潤いがなくなる、ほほの他ににもあごの下、目の下などが垂れ下がってしまう、それによりたるみやしわが生じやすくなってしまうなどです。また、加齢は肌細胞自体も減少させます。そのため、皮膚が薄くなり、薄くなった場所からたるみができやすくなります。

 

4つ目としては、紫外線があげられます。紫外線がしみやしわの原因になることは、すでに周知の通りです。お肌は紫外線を浴び続けると、張りを失っていきます。そして、ほほのたるみが引き起こされます。それだけでなく、皮膚がんなどのリスクも紫外線によって高められます。たるみ防止のみならず、健康のためにもUVケアは必須です。

 

5つ目としてあげられるのは、乾燥です。皮膚の水分量が適切で張りのある状態が、潤いあるお肌と呼ばれる状態です。しかし、乾燥状態の場所に長く留まったり、肌細胞が保水力を低下させることで、潤いは保てなくなります。お肌は弾力や潤いを失い、その結果、ほほにたるみが引き起こされます。

 

その他、睡眠不足や肩こり、ストレス、洗顔のしすぎ、疲労なども考えられる要因です。自分のほほのたるみがどんな原因によって引き起こされているのか、まずはよく調べてみましょう。それが、ほほのたるみを解決する重要なきっかけとなるでしょう。

 

顔のたるみを解消するには?

 

ほほがたるんでいると、とても老けた印象を与える顔になってしまいます。しかし、できることならいつまでも若々しいイメージを維持したいものです。たるみを解消してほほを引き締め、顔にハリを甦らせましょう。誰しも年齢を重ねれば、お肌から弾力が失われてしまいます。さらに、目尻が徐々に下がってくる、あごの下がたるむといったことも起きてしまいます。

 

若い頃のほほはイキイキと弾むようですが、それもやがてハリを失い、たるみやシワが見られるようになります。そして、ついにはフェイスラインが崩れてきてしまいます。このたるみは、人の顔を老け顔に見せる大きな要因です。早めにほほのたるみを解消することが重要です。

 

加齢や疲労、お肌の乾燥などが主な原因となって、たるみは引き起こされます。加齢によるほほのたるみは、ある程度以上の年齢の方であれば、誰もが実感するところでしょう。非常な悩みのタネです。また、お肌には体の状態が現れやすいという特徴があります。

 

老化が進む要因は、疲労や乾燥だけではありません。ストレス、新陳代謝の低下、リンパの流れの停滞などによっても促進されます。そのため、お肌のためにも毎日の体のケアは重要です。たるみを取るには、顔のストレッチが有効な方法です。ストレッチによってほほの筋肉を引き上げ、お肌にハリを取り戻すことができます。多くの方の好む方法です。

 

その他、ほほのリフトアップを目的とした化粧品やコスメグッズも多く販売されています。たるみをとるためにこれらを使用する方も多く、高い評価を受けています。これらのグッズには素肌が美しくなる効果もあるとされているため、たるみが気になる方は利用を検討してみてもよいでしょう。

 

このように、毎日のお手入れを見直すことでたるんだ顔をスッキリさせることも不可能ではありません。ほほにハリがある顔は、小さく見えます。たるみのケアは小顔につながります。ほほのたるみを解消し、ぜひ引き締まったフェイスラインを手に入れてください。

 

顔のたるみ解消にやりたいケア

 

ほほのたるみの解消は、日常の小さなケアから行うことも可能です。たるみケアを行い、ほほを引き締めてみてはいかがでしょうか。顔のたるみが引き起こされる理由として、いくつか意外なものがあります。そのひとつが頭皮です。頭皮と顔の皮膚は繋がっていますから、頭皮がたるんでいると、その影響がほほなどにも出るといわれています。

 

顔の皮膚の老化は加齢や疲労によって進みやすいとされていますが、それは頭皮も同様です。現代は便利な電化製品が普及しているため、私たちが体全体を使って仕事や家事をするようなことはあまりありません。

 

同時にデスクワークに従事する方も増えており、そういった方には、頭皮における血液循環が悪くなっているケースが多く見られます。この血液循環の悪さは、おそらく頭皮から弾力を失わせる原因です。そして、それがたるみにつながります。

 

顔の皮膚は頭皮と無関係ではいられません。こうして頭皮のたるみは、ほほのたるみを引き起こす原因のひとつとなります。頭皮からのたるみを解消するためには、頭皮の血行を改善する必要があります。そのために有効なのはマッサージなどです。

 

また、おしゃべりは生活の中で行えるたるみ対策のひとつです。単なるおしゃべりがなぜ、と思われるかもしれませんが、話すことには表情筋を刺激する働きがあるのです。ほほがたるんでいる理由が筋肉の衰えである場合、積極的に話すことは効果的です。表情筋が鍛えられ、たるみをすっきりとさせることができます。

 

とはいえ、おしゃべりは一人ではできません。話し相手がいないときは、本や新聞を音読してみましょう。このとき気を付けるのは、はっきりした発音と、大きく口を開けてしゃべるようにすることです。それにより、より効果的に筋肉を動かすことができます。

 

その他、食事の際にできるケアとして、ものを噛むときは回数を多く、かつ左右をバランスよく使うことなどがあります。また、たるみ改善のため、就寝時間にも気を配ってみましょう。夜10時〜2時は肌の再生力が高まるゴールデンタイムです。この時間に睡眠をとれるように就寝する習慣を身に付けてはいかがでしょうか。

 

日々の生活で行えるたるみの解消法は、このようにいくつもあります。一つ一つは小さなことですが、積み重ねれば大きな効果も期待できます。ほほのたるみを取り除くため、まずは小さなことから始めてみましょう。

 

顔のたるみに効くコラーゲン

 

多くの方がほほのたるみに悩み、解消に向けてさまざまな方法を試していることでしょう。顔のストレッチや化粧品といった改善法もありますが、それに加えて食事からのアプローチも考えてみましょう。当然のことながら、健康と美の基礎は食事です。適切な食事をとることができなければ、たとえやせることができても、それは不健康なやせ方になります。栄養不足におちいり、病気を発症するリスクを高めてしまうかもしれません。そのため、食生活には十分に気を配ることが必要です。そうすることで、美しく健康にやせることもできます。

 

ところで、ほほのたるみはなぜ起きるのでしょうか。それはほほは脂肪がつきやすい部分とされているからです。そのため、ついた脂肪が垂れてしまいがちで、それがたるみとなってしまうのです。しかし、食生活を見直すことで、たるみの解消と予防を行うこともできます。そのやり方のひとつは、良質のタンパク質を食べるようにすることです。

 

コラーゲン不足からほほのたるみが起こることが多いため、良質のタンパク質によってコラーゲンを補給するとよいでしょう。コラーゲンはを多く含む食材としては、肉や腱、皮、軟骨部分などがあげられます。

 

具体的な料理としては、豚足、フカヒレ、手羽先を使った料理や、魚の煮こごり、牛テールシチュー、アンコウ鍋などがおすすめです。さらに、ビタミンCの摂取も重要です。ビタミンCはコラーゲンを効率良く吸収するのを助けてくれます。イチゴ、ブロッコリー、カボチャなどを食べましょう。このようなビタミン豊富な果物や野菜も一緒に摂ることで、より効果が期待できます。

 

コラーゲンを濃縮してボール状に固めた物なども最近は売っているので、それを入れて鍋料理などを作る人も多いようです。鍋料理だと野菜を多く加えることができるため、低カロリーな食事にすることが可能です。まさに美容に最適な料理といえるでしょう。

 

また、よく噛んで食事をすることも心がけましょう。しっかりとほほとあごの筋肉を動すことで、たるみ解消につながります。気になるほほのたるみは、食事に気を配ることで解消を目指しましょう。

 

顔のたるみの予防法

 

ほほのたるみの解消も大事ですが、予防も同じくらい大事です。美しい素肌を保つためには、毎日のスキンケアが欠かせません。それと同様に、お肌にたるみができないようにするためには、その予防法を学び、こつこつと実践することが不可欠です。

 

若々しい顔を維持するために、たるみ予防に励みましょう。とはいえ、そのたるみ予防法に特別な技術は必要ありません。日々少しずつ、やれることからたるみを予防していきましょう。

 

まず、気を付けるべきは日光です。毎日の暮らしの中で、私たちはほぼ必ず日光を浴びています。しかし、この太陽光には紫外線が含まれています。紫外線はほほのたるみを引き起こす原因のひとつですから、日焼けは禁物です。万全なUVケアを心がけましょう。

 

盲点なのは家の中です。紫外線はガラス窓越しにも入り込んできます。屋内だからと日焼け止めを塗らない場合も多いですが、朝の洗顔の際に同時に日焼け止めを塗る習慣を付けましょう。もちろん、外出時も日に焼けないように気を配りましょう。帽子や日傘が有効です。

 

また、マッサージもたるみ解消には非常に有効です。ぜひ毎日マッサージを行いましょう。マッサージには、お肌をイキイキと張りのある状態にする効果があります。ほほにもマッサージを行っているうちに弾力が生じてくるでしょう。かつ血行を良くする効果も見込めます。それによって新陳代謝が高まり、アンチエイジングにも役立ちます。

 

最後に、日々の生活でストレスを貯めないことも重要です。たるみ予防法としてはこれも効果的です。ストレスを溜めイライラしているときは、お肌もそれによってよくない影響を受けることがあります。

 

ストレスを発散して溜め込まないことを心がけ、できるだけ口角を上げた笑顔でいるとよいでしょう。また、笑顔でいれば表情筋も鍛えられますから、たるみの予防としても効果があります。たるみの予防法を生活習慣として身に付け、すっきりしたほほを目指しましょう。

このページの先頭へ
クレジットカードでキャッシュバック